きみは雨音のなかに


三日月から雫がこぼれ 
雨へと変わる
音が音を追いかけていく調べが
この部屋のなかを響き渡って
壁にもたれるわたしの背後をくすぶる

 頬杖を伸ばし
過去をそっと折りたたんで
淡い胸の奥へ仕舞う

雨は生命のように
飽和した空気のなかからも飛びでて 

世界を震わす、鼓動のように
それはまるで雨音のなかに君が居るようで
この部屋を身体(なか)を通過しながら
いっしょに溶けてゆく