『宙の成分』

夜の帳に頬杖ついて
手繰り寄せる過ぎし日
鼻先をかすめる風の匂い
遠くに響く虫の音
掛け合って
時間の扉がひらいてゆく

夕暮れ
地図を飲み込んだ身体
ここに在るけどここに居ないあたまを携え
こころは玉虫色に瞬く
歩きながら君を想い
わたしを思い出す

呼吸は調べる、からだのなかを
釣糸のように上下しながら
わたしがわたしであることの覚えを 

 
多彩な色が広がる絨毯の宙へ
こころをそのまま投じてみたら
映し出される境界のない世界
わたしであることの覚えは
この空にあるすべてと一緒だということを
認識したのだった

 だれとも違う君も
だれとも違うわたしも
この宙とおんなじ
鮮やかな光と影