成功の本質について考えてみた

わたしはずっと、《成功》ってことを

好きなことで、
有名になったり、称賛されたり、
人々や世の中によい影響与え
結果を出すこと、
たくさん収入を得ること、etc、
と、そういうことだと思ってきた。

それは、わたし自身が、
がんばって結果を出さないと
人から褒められることも
認められることもないと思っていた記憶が、あるからかもしれない。

愛についても
そういう思い込みがどこかにあって、
心から大好きな人と仲睦まじく、
末永く、一緒に生きることだと思ってきた。

これらは《成功》と言われることの
ある一面ではあるだろうけど、
ふと、果たして、本質はそうかなって思った。

わたしが今まで見てきたこと、
求めてきたことは、
誰かの目を通した時に映し出される
一種の現象のようなもので、
核心ではないんじゃないかって。

きっと本質は、
大好きなことを見つけただけで、
大好きな人と出会っただけで
成功と言えてしまうことなのかもしれない。

現象は、少しの光加減、
角度で見え方が変わってしまうけれど、
本質はありのままで存在できて、
誰にも奪われないし、崩れることも
壊れることもない。

何かや誰かに価値を置いたり、委ねたりせず、
また、絶え間なく変化していくことが常のこの世界で、
型を求めることはじぶんの心さえも縛ってしまうことなんだな、と。

ただ、わたしの心が好きと思えることに、
その時その時夢中であれたらいいな、
もっと、自由でありたいなと、
今、わたしはそう思う。

だれかの言葉、ふっと降りてくる感覚、
触発されながら、毎日旅してる気分です。

ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。