余白



何かについて考えている時、 

解決するために何ができるかを思考するのではなく、 

自分の心が囚われてしまうことがある。 

また、他人に対してネガティブな感情、

望まないようなこと、 

疑ってしまうようなこと、 

気分が悪くなるようなことがあった時ほど、 

気持ちがもってかれてしまって、 

いっぱいになってしまう。 

切り替えようにも上手くいかない、、、 


そんな時も 流れに任せるのが一番いいから、

気の済むまで 泣いたり怒ったり

落ち込んだりするのが 良いと思うのだけど、 

落ち着いてコントロールできるようになってきたら、 

いつまでもそこにとどまらない様にするために 

心に余白を持たせるイメージをするといい☆ 


「あ、またあの思いに囚われそうだ!」 

ってなったときにやると、  

急にそれそのものがシューっと縮小していく。

ゆとりが生まれてくる。 

そうすると楽になって、 

今に心が戻ってくる。


少し意味合いは違うけれど、 

子供のころに書道を習っていた時のことを思い出した。  

余白を活かしなさいって いつも先生が言ってた。 

余白を意識すると、 

書こうと思う字を自由に大きく 

自分らしく書こうと思えた。

字が生き生きした。


また、わたしたちは、

人の心を器に例えるけれど 

生まれてからいきなり大きな器で生まれてきた人って

絶対いないはず笑


もともとの家庭環境で子供の頃までは

いやでも親や周囲の影響を受けてしまうことはあるけれど、 

はっきり言って性格って自分でどうにでもできるものだから。

人はいくつになっても変われるもの(^^ 


いつも心に余白を♡

それが大きな器というものになっていく、

日頃のちょっとした心構えなんだろうな。

そんなことを思った昼下がり。


ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。