ふたつで視る

こんにちは😃

今日は穏やかな天気です( •̤ᴗ•̤ )

さて、
わたしたち人間の顔には
目がふたつ付いていますが、
それは物事を立体的に見るためだそう。


手の場合、赤ちゃんの時は両利き、
そして時間をかけて
利き手が決まっていくそうですが、
目も同じように、
時間をかけて
利き目というものが決まっていく。

そして利き手があるように、
どちらか一方でものを見ているひとが多く、
結果、もう一方の目で見る力が弱くなる。

わたしも実際に、
右で視るクセがついてしまっていて、
左目の方が視力が低い。
今朝、じぶんの顔を鏡でじーっと見ていて、
改めて右目でものを見ているなーっと。

そこでふっと、
それは顔についている目以外にも
同じことが言えてる?と🤔


よく心の目と言いますが、
わたしたちは顔についている目以外にも
ふたつの目、または視点を持っているんですよね。


それは、
物質世界(現実世界)における目、
エゴと言われる視点と、

スピリチュアルな世界でいう、
ハイヤーセルフとか超自我とか、
または神の視点と言われるもの。
ふたつの視点を対比させていえば、
エゴの目はミクロ、
ハイヤーセルフの目はマクロ。


わたしたちは現実世界に生きているので、
エゴの視点でばかりものを見がちで、
もうひとつ視点があることを
普段忘れて生活しているひとが多い。
でもこれだと視野は狭くなりがち🙄


マクロな視点にたって物事をみると、
そこには悲劇的な状況というのは存在せず、
いつでもニュートラル
あるいは喜びであるということ。

ある状況に対して、
小さな視点で物を見ていると
ネガティヴに思えたり、
不快感を覚えたりすることも

マクロな視点でものを見れば
大したことではなかったり、
あるいは気付きになったりもします。

これ、肉体の目の話と一緒で、
エゴの目でばかりものを見ていると、
そっちばっかり鍛えられてしまう😕

でも誰でももう一方の目を持っていて、
それを日々意識していれば、
弱まった機能は活性化していくし、
双方の視点にたって
物事が見れるようになる😊

このような二つの視点については
前から知ってはいたのですが、
自分の肉体をとおして考えると
より腹に落ちることができました。


肉体のトレーニングや姿勢の改善などと一緒で、
日々ちょっとでも意識することで
強化されていくんだと思います。

わたしもマクロな視点の意識を忘れずに、
そして実際の肉体の左目でも
もっと視るちからをつけよう^_^


ではでは、
今日も毎瞬間より気分の良くなることを
自分に訊きながら過ごしたいと思います🥰

日本の皆さんは、
素敵な1日の締めくくりを🌙.*·̩͙


ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。