今に生きるの効果的なやり方とは?

よくスピリチュアルや自己啓発の方々が
“今に生きる(=集中する)”ということを仰っていて。

マインドフルネスみたいな方法なんですが、

たとえば、
テレビを観ないで食べているごはんに集中するとか、
スマホを見ながらコーヒータイムを過ごさないとか、
今、目の前のことに100%集中すると。

言っている意味はよーく分かるんだけど、
それがね、わたしは、なかなか続けて出来なかった。

で、昨夜シャワー浴びながら
上記のことをぼーっと考えていて、同時に、
ああお湯が若干ぬるい、、いやこれじゃ熱い(パリは旧式ですw)
っていう押問答な温度調節をしていてハッと思ったの!

それは、“今に生きる”って
今できるベストをする
今を最大限心地よくする
ってことなんじゃないかと。

たしかにコーヒー飲んで
わー!しあわせ〜も感じたりするけど、
そうずっと食べ物や飲み物を口にしているわけじゃないし。
でも、人は何かしら行動(何もしないという行動も含めて)
しているわけで。
最初に例文で出したものは、
どちらかというと感じることに主体をおいていますが、
行動も合わせてできればなお良いではないか、と。


決して、躍起になってやるわけじゃなく、
じぶんの今していることが
もっとこうしたら最高に心地良いぞ、
もっと気分良くなるぞってことに
その場その場で楽しんで精を尽くすと、
すごく今に生きている感じがするなって
わたしは思いました。

さっきのシャワーで言えば、
ちょっとぬるいけどまーいーやーで流しがちですが、
自分がいちばんいい!って温度になるまで
何度も調節してベストに設定してあげると、
すっごくいい気分になるんですよね
こんな簡単な方法で( •̤ᴗ•̤ )

他にもごはん食べながらテレビ観たいってときも、
ただTV点けてる〜でも観てない〜というのじゃなくて、
観たいと思ったんだったら、
ドラマだったら出来る限りそのストーリーをたのしむ、
または、そこから何かおもしろいデータはないかしらん
という視点で集中する
という観点で行動をとってるのとでは、
充実度がまったく違う気がします。

人間ってほーーーんとうに
行動しながらずっと何か考えてるんですよね。
今目の前でやっていることとは違うことを。

でも上記の方法に集中していると、
特にひとりの時は、他者もモノも一切介入できない。
気持ちいいくらいひとつひとつに集中できる!
と思いました( •̤ᴗ•̤ )

ある意味とても集中力が必要だけど、
それって脳にもいいんじゃないかな?

今しかない瞬間を最高にハッピーにできるのは
いつも自分だけですもんね^ ^




ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。