有るようで無い“時間”というもの

※最初に、わたしは物理学とか脳科学なんかに興味はありますが、ほとんど無知でして、
自分の感覚に基づいてお話ししています🙂



時間ってなんなんだろう。

そんなふうに、

ふと思うことはないでしょうか。


わたしは最近、
時間はある意味ないんじゃないかな、
と思っています。


たとえば、
誰かが「自分はもう38歳だー」と言ったとします。

でもわたしは同じくらいの年齢なのに、

その人より10年、いや15年以上も若い時間感覚です。

精神年齢の話じゃなくてね。

この差は一体?って疑問がかすめる。



それについては、この記事を書く前の、

ふと検索して見つけたハフィントンポストの記事で、メンタルカウンセラー田辺寿夫さんによると、


脳が刺激を感じた数で時間の感じ方が変わるんです。 

子供の頃というのは、毎日が発見の連続とも言えるくらい、

新しいことを学んだり、感じたりして過ごしていますよね。

注意力が散漫ということは、思ったり考えたりすることが多いとも言えます。

大人になると、パターンの決まった生活に成りやすく、

新しい発見も少なくなるため、

思ったり考えたりすることも限られてしまう人が多いと思います。 

たくさんの刺激を感じているときは時間経過が長く感じる。 

たくさんの刺激=感じて、思ったり、考えたりすることが多いほうが

感じる時間は長くなり、

同じパターンの繰り返しになると感じる時間は短くなっていくようです。

逆だと思った方も多いと思います。



なるほど、、
たしかに脳のメカニズム的に
そういうことが生じるのかと。



知人の放った“もう”という言葉の中には、

ここまできてしまったというどこか
残念さを含んでいるように感じましたが、
わたしには、よい意味でまだまだ先が長く感じる。


時間の感じ方、

そしてそれがその人にとっての“時間”であるなら、どうでしょうか??

一般的な時間そのものは、

在って無いようなものに思えてきます。



それから、地球は宇宙の一部で、

でも宇宙へ行けば時間の感覚はなくなると言われていますね。

別に宇宙へ行かなくても、

今見ている太陽のひかりは数分前のものだし、星も何百年前のひかりだとか…etc,

宇宙全体でいうなれば、今目に見えているものは、今この瞬間に発生したものではなく、

過去と未来が、空間の中で交錯しているようです。



話を戻して、再度、時間について。

これはただ単純に、

地球人同士が社会生活をスムーズに行うためだけに決めたひとつのラインのようなもので、

一人で居るときなんかは、意識上で採用しなくていいかと。


特に、「ああもう何時だからあれしなきゃこれしなきゃ」って、

自分のハンドルを数字にとられてしまうと

わたしなんかは不快感を感じてしまう。

場合と心の声に応じて、

自分の中に取り入れないようにし、

そこから自由であると、

なんだか気分のいいのですw


そして、時間に関する考え方は他にも応用できる気がしています。

たとえば、遠距離恋愛している人とか。


実際に、わたしにはパートナーがいてパリで同棲していますが、

その彼は最近仕事の事情で、パリと東京を行ったり来たりしており、

その大半は日本です。

そして帰ってきても、写真を撮りに海外へまた出ていきます。


最初は、パリと東京なんて

距離も一万キロくらい離れているし、さらに時差もある。

お互いメールも電話もほっとんどしない性格だし、日本の生活が増えている彼との関係をみて、

「あ、これ無理かもな」って思ったりしたのです。


でも時間に対する考え方に変化が表れてきたのと同時に、空間などに対しても絶対的なものが失せてきました。


不思議なんですよね…、それまであった既製の枠が外れていくと同時に、それまで有していた価値観や考え方がガラッと変わる。


これは決して、彼とこれからも一緒に居たくて、わざわざ自分の気持ちや違和感を無視して考えを変えたわけじゃないです。


ひとつ見方が変わったら、

それに伴って相乗効果のように他にも変化が出始めた、と言ったらいいのでしょうか。



数か月後に帰ってくる彼、

今までは、その日をどこか遠いところに見ていましたが、


今は同じ空間のなかというか、

それこそ並行世界のように

(と言えるものなのか分かりませんが、)

すぐそこに、でも別の次元のなかで、

存在しているように思えます。


具体的な帰省の日にちはまだ聞いていないけど、いつごろ帰ってくるという事はすでに決定しているから、見えなくても、その事実が存在していることを感じるんですね。

あたまとはまた違う部分で。


こういうお話しって量子力学やスピの分野になるのかもしれませんが、なんだかおもしろいです。

概念が壊れ、意識が変わってくると、

見える世界、創られる世界が変わっていくのは本当のようです。



もし、今、遠距離で寂しい思いをしている人がいたら、

次にいつ頃¨会う¨という事実を自分の中でもいいから決定すると、その世界は確定するんだと思います。

あなたの別次元の中で今この瞬間から存在し、不思議と一緒にいる感覚になって、なんだか安心までします^^



既成概念がどんどん壊れ、

新しい自分、進化した自分、

そして自由になっていくのはとっても楽しい。


自分の意識を徹底的に変えていくために、

いろいろ試して遊びながら、

日々データをとっていきたいと思います^^ 



#3ヶ月とことんプロジェクト 7日目