そして透明になる

あなたのいない空間は
思い出を連れてくる
だから私は
今に居なくなる

同じ空間で
私とともにいるモノたちでさえ
同じ時のなかに
存在しているはずなのに
まるで風景に刻まれた絵のようで
とても遠くて
手なんか届かない距離にいるみたい

わたしは空っぽの空間に
そっと身をゆだね
静かにじぶんの呼吸に
耳を澄ます
音のない空気のなかに
蘇った過去が流されていくのを
皮膚で感じながら

呼吸とともに
透明になっていくわたしは
この空間に溶け込んで
空っぽに酔いしれる
その透明さが
あなたを脳裏から消していくんだ

ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。