うまうまイタリアンの午後

今日はずっと行ってみたかった
11区のイタリアンOsteria Ferrara へ。


前日に予約してから
ランチ時に伺いました。

扉を開けて、
真紅のベルベッドのカーテンを開けた途端、
「あら♡いい感じね」って、
一緒に来た彼と共に同じ言葉がぽろっと!


そんな、一瞬で胸をきゅっと掴むような
素敵な空間作りをされてました。



店内には心地良い程度の音量で
ジャズが流れていて、
暖かいオレンジ色の照明が
和やかな雰囲気を作っている。


モダンさとスパイス程度の
ノスタルジックさが
いい塩梅で融合していて
すぐに落ち着けました。

ランチメニューのPlat +dessert 
(メインとデザート)を選んだんだけど、
その場合は、
(本日の)パスタで決まっているそう。



まずは店員さんに訊いて
フルーティな
イタリアワインをいただきつつ、


待っている間に出てきた
オリーブオイルのパッケージが
とってもかわいらしい!

パンを少しいただきましたが、
外側はカリッとしていて
中はとってもふんわりしておりました。
こんなふんわり感はあまりパリで
出会ったことがないから
期待値が上がりまして…↗︎↗︎

メイン到着!待っておりました!
ナス、オニオン、ニンニクが入った
トマトソースのスパゲティー。

このナスがいい感じにトロッと焼けていて、
野菜の甘味がトマトの酸味を消し、
とってもマイルドなソースに
仕上がってました。

塩気もちょうど良く、
これでもかとふんだんに乗ったチーズも
とても美味しかったです‼︎
やっぱりチーズは多めでないと、
なんか寂しい気になるしw


麺の量は日本人には多いでしょうね、
おそらく150gはある。
でもそこはもう残さず食べれるよう
私の身体のメタデータが在仏歴の長さと共に
変わりましたので、
残すことなくいただきました♥︎



そしてデザートへ!


こちらはプラムのタルト。
クリーミーなソースは
甘さがなくすっきりと、
タルト生地に
少しジンジャーが効いておりました。
フルーツの甘さを生かした
定番のスタイル。

余計なことしていなくても

十分美味しかった。



全然くどくないのですが、
結構大きなサイズだし、
パスタ150gのあとだったから
食べ終えるのにかなり苦労しました、
が、こちらも完食!


シェフの方々と話したわけじゃないけど、
心を込めて作っているのを感じれたから、
絶対残したくないなって。

気持ちって伝わるし★



サービスの方々も
とっても感じが良くて
また来たいな!って思える
素敵なレストランでした。

良き出会いに感謝♡




Osteria Ferrara
7 rue de Dahomey, 75011, Paris



ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。