そうそう心はギブ&テイクじゃない

最近ハマっているNetflixドラマ「梨泰院クラス」

あらすじはこちら↓ cinema todayより抜粋

韓国の人気WEB漫画を実写ドラマ化した本作は、誰よりも正義感が強いパク・セロイが主人公。高校3年生のとき、大手飲食店・長家(チャンガ)グループの御曹司でいじめっ子のチャン・グンウォンを殴ったことをきっかけに、セロイの人生が大きく変わるさまを描く。その後、セロイは、成功を掴もうとソウルのなかでもひと際ホットな街・梨泰院(イテウォン)で小さな飲み屋を開店し、長家(チャンガ)グループ相手に無謀ともいえる戦いを仕掛ける。


主人公の男の子パク・セロイは

過酷すぎる逆境にも全くめげず、
真っ直ぐに自分の目標に向かって進み続ける姿に
本当胸が打たれる。。



ドラマとはいえ、

こんなに純粋で、懐が深く、思いやりがあって、
優しくてたくましい人間が、いるのかと思えるほど。
彼の歩んできた人生を振り返れば納得できる部分もあるけれど、、


そして、彼のセリフには力があり、
胸に響く言葉がたくさん散りばめられている。


例えば、

「心はギブ&テイクじゃない。」というのもそう。

こんなに好きなんだから好きになってとか、
10年待ったんだから結婚〜とか。

そういう意見に対して、
セロイはさらりとこう返すんですね。
「心はギブ&テイクじゃない。」と。

そこには相手がよりも

自分の気持ちをいちばん大切にしている姿勢が見える。


それは人間関係に劣らず、

目標に対してどんな過酷な試練が目の前に立ちはだかろうと

決して逃げない、めげない姿勢と一緒で、

相手や今の状況がどうであろうが、

自分の心、信念に従うってことにも通じる。

自分の軸を持って生きている人ってかっこいいなと思う。


こんなセリフもめちゃくちゃ胸に響いた↓


「僕が欲しいのは自由です。
誰も僕や僕の仲間を傷つけることができないように、
自分の言葉や行動に重み、力が欲しい。

どんな不当や、誰であっても振り回されることのない、

自分の人生の主体が、自分であることが当たり前の、
信念に対価がない、そんな人生を生きたいです。」


こういう人大好きだ♡

あともう少しで見終わってしまうので、

一話一話観る方も真剣勝負w



ART LIFE

自分らしく生きる、 生き方をアートする。